記事一覧

Sound generator & Rack Mount EFX2008.01.14 00:23

ファイル 63-1.jpg   上から
   Roland SDD-320 (Dimension D)
   Roland SDE-3000 (Digital Delay)
   Roland SED-2500 (Digital Delay)
   Roland D-550 (Linear Synth)
   Roland MKS-20 (Digital Piano)

   今でこそ、シンセ本体や音源に様々なエフェクターが内蔵されて、
                   アウト・ボードにより付け足さなくとも良くなったけど…
                   重いし、嵩張るし、高いし…
                   キーボーディストは大変でしたねぇ〜!

GRAND-PRIX時代を支えてくれた貴重な機材達。
D-550で作った、あのSynth-Brass Soundを超える
モノを未だ現代のシンセで作りあぐねてます(苦笑)!

Roland MC-50 & MC-50 mk22008.01.07 20:32

ファイル 48-1.gif


   MIDI Sequencer です。
   今年(2006)の4月まで使いたおしてました!

   そして、「dp4」へと移行した為晴れてご卒業の運びとなりました!

   とは言え、こいつが出た頃(出てたのも知らない)は振り向きもせずにひたすら手弾き男!

   フリーになって各社ディレクター様から
   「河野さんって、生でしかやらないんですよね?」と…。
   打ち込み、世にはばかる事もおかまい無しに(知らなかったんだけどね…苦笑)

   そうなると、仕事もないし…やる事ないし…

   で、かなり遅咲きのシーケンサー・デビュー!

   初代MC-50(Left)も、友達から確か5千円で譲ってもらった代物。

   使い込んで行くうちにどんどん不具合(テン・キー陥没、電源落ち、等々)が出始めある年の瀬(アレンジ追い込み時)に、
   DATAをSAVEする事すら出来なくなって…慌ててヤフオクで探し、
   オークション途中で出品者にお願いし必死で手に入れたのがMC-50mk2(Right)。

   こいつはUSA仕様(笑)!

   Macシールはご愛嬌(わしのMacはこいつじゃ〜爆!)

   稀にMCのDATAを栗山氏(TRY FORCE)がdpで走らせてマニピュレートしてくれたんだけど
   Grooveの違和感が付きまとってた(未だに)…

   彼曰く「各シーケンサーには独自のGrooveがある」だそうな…。

   アレンジ作業でも、勿論Recordingでも使わなくなりましたがURUGOME Liveではまだまだ通電されちょります!

ファイル 48-2.jpg   ファイル 48-3.jpg

Roland VS-16802008.01.07 20:28

ファイル 47-1.gif

   ハードディスク・マルチ・レコーダー。
   いや〜Mac&dpに移行するまでMC-50とこいつで何曲作った事か……。

   こいつで録った音がそのままCDになったモノも多いです。

   JAM projectだと「Skill」のアルバムバージョンのイントロのギター・オーケストレーションが印象深いかな…。
   「Gate of The Hell」のギターもこいつ。

   お世話になりました。

ファイル 47-2.jpg

BOSS / AD-82008.01.07 20:25

ファイル 46-1.gif


   アコースティック・ギターのシュミレーター。

   Stage専用機ですな!

   私の様にワン・ステージで数本種類の異なるエレアコを使う場合、とっても便利!しかも分かり易い。

   最大4タイプをプリセット出来る(マニュアルを足せば5)。
   チューナーも付いてステレオ・アウトもある。
   YAMAHAのAG STOMPと好みの分かれるモノですな!

ファイル 46-2.jpg

KLON / CENTAUR2008.01.07 20:21

ファイル 45-1.gif

   オーバードライヴペダルの最高峰!

   芯の太さ、音の艶、バランス、サウンドのパーフェクトなオーバードライヴペダル。だそうな(笑)!

   4年程前にこいつを探しまくりネットでDream boat GuitarがHit!

   丁度、横浜Landmark StudioでRecordingがあり空き時間に訪ねました。

   そこで片野氏に出会いました!

ファイル 45-2.jpg

ページ移動